介護報酬ファクタリング

介護報酬ファクタリングはこんなに便利!

介護報酬ファクタリングはこんな時に便利!

・介護報酬入金まで待てない!今すぐ資金が必要
・銀行融資は時間がかかり過ぎる
・できれば金融機関の信用情報に影響させたくない

 

こんなことに困っていませんか?

 

こんな時には介護事業者の方が利用できる「介護報酬ファクタリング」がおススメです。

 

急な資金繰りが必要な際に活躍し、さらに通常のファクタリングの場合と比べて利用料も安いので資金繰りが難しい場合など、利用することで今すぐ現金を手に入れることが出来ます。

 

最近は医療関係者や調剤薬局の方も積極的に使うようになり、利用が増えてるので、
介護事業者や医療関係者の方はぜひこの介護報酬ファクタリングをご活用ください。

 

介護報酬ファクタリングって何?

 

最近増えてきた「ファクタリング」という言葉、あまり聞きなれない言葉ですが、その会社の持つ売掛金(債権)をファクタリングの会社が買い取り、現金を支払うことで今すぐに資金を調達する方法です。

 

この債権とはいわゆる売掛金であり、何か月かのちにお金が入ってくる債権を売る、そして買い取った側はお金をすぐに支払うということで現金をすぐに用意する資金調達法です。

 

例としては、

Aさんは売掛先であるB社から2か月後に100万円をもらう債権(売掛金)を持っています。

 

しかしAさんは「今すぐどうしても現金が欲しい!2か月なんて待ってられない!」という状態の場合困ってしまいます。

 

そこで登場するのがファクタリング業者です。

 

ファクタリング業者はAさんの売掛金を買い取ります。
※この時に必ずしも債権の全額を書いとるわけではありません、債権の種類によりますがほとんどの場合は5〜7割程度と言われています

 

この時、買い取られた債権の額から数パーセントの手数料をファクタリング業者に支払った差額がAさんの手元に入るということです。

 

 

Aさんは手数料を支払うことで本来であれば2か月にもらうはずの売掛金を今すぐ受け取ることが出来るわけです。

 

これが「ファクタリング」です。アメリカなど海外ではこのファクタリングは一般的でビジネスなどでもよく用いられてきましたが、日本の場合はどうしても手形取引に似てるために
あまり良い印象を持たないという人もいます。

 

しかしファクタリングはここ数年需要が伸びており、債権を使った資金調達法として非常に注目されているのです。

 

そしてその中でも比較的手数料も安くてすむ診療報酬(レセプト)ファクタリングの一つが介護報酬ファクタリングです。

 

メリットの多いファクタリング

ファクタリングは経済産業省も推奨する動産担保を活用した資金繰りの一つで、年々その利用者が増えています。

 

このファクタリング、実は資金調達のスピード以外にも様々なメリットがあります。

 

審査が通りやすい

ファクタリングは売掛金の信頼性が重要視されるので、納入企業(ファクタリングを利用したい人)の信用情報はそこまで重視されません。
ですので極端な話ではありますが、税金の滞納があったり、消費者金融などでブラックリスト入りしてる人でも利用が可能なのです。

 

信用取引に影響しない

銀行と取り引きしてる経営者としては、ビジネスローンなど、他の借り入れの利用などは知られたくないもの、ファクタリングの場合借り入れではないので信用情報には影響しません。

 

保証人や担保がいらない

ファクタリングは債権そのものの買い取りなので銀行やローン会社のような保証人や担保を求められる必要ありません。
つまり売掛債権さえあれば担保や保証人がいなくても利用できるのです。

 

比較的安い介護報酬債権

 

通常のファクタリングの場合、審査で最も重要視されるのは何かご存知でしょうか?
よくファクタリングの場合、ブラックリストでもOKや銀行の融資に落ちた人でもOKと言われるので、正直なところファクタリングに対して

 

「なんだか怪しい」「闇金のようなもの?」というイメージを持つ人も少なくありません。

 

しかしファクタリングについて正しく理解すればこれは誤解だということがわかります。

 

一般のファクタリングの場合審査で重要視されるのはファクタリングをしたい会社(以下納入企業)ではありません。

 

仮に納入企業に他の金融機関の支払いの遅れがあってもなくても、ファクタリング会社が審査の際に重要視するのは売掛先の企業です。

 

ファクタリング会社が買い取るのはあくまで売掛金、つまり売掛先がお金をちゃんと払ってくれるかどうか?が最も重要であり、納入企業の審査は二の次です。

 

ファクタリング会社は売掛先の経営状況やこれまでの支払い状況に問題がないか?毎月きちんと支払われるか?納入企業と組んで詐欺などを行わないか?など売掛先についての審査を重要視します。

 

なのでこれによって売掛金の何割を買い取るかを決めたり、手数料についてが決まるのです。

 

売掛先に問題がある場合、ファクタリング会社としてはすでに納入企業に支払ったお金が回収できなくなってしまうので、売掛金の●割しか買い取れない、場合によってはファクタリングを断られることもあるのです。

 

つまりファクタリングにおいて審査の際に重要なのは納入企業ではなく売掛先ということです。

 

では介護報酬ファクタリングはじめ診療報酬、つまりレセプトはどうなのか?

 

通常のファクタリングの場合は一般企業が売掛先となり、経営状況は様々と言えます。

 

しかし介護報酬ファクタリングの場合は相手は国保連や健保ということです、つまり国営企業であり、「支払いに遅れがある、」「支払わない」「倒産する」というリスクが全く持ってないのです(完全にないとは言い切れませんが、国が破産する状況となればもうほとんどの企業は経営が成り立たない状況と言えるでしょう)

 

つまり、介護報酬ファクタリングの場合、通常のファクタリングと違ってリスクが少ないための「優良債権」として扱われるのです。

 

当然手数料も安く、通常のファクタリングの場合は1.5パーセントから8%程度の手数料を支払うのに対して、介護報酬ファクタリングの場合は1.5%から5%の範囲で済むと言われています。

 

また審査も早く、スムーズなのですぐに資金調達しやすいというメリットがあります。

 

この介護報酬ファクタリングは手数料も安く資金を早く調達できる手段として、今注目されてるので、今すぐ資金が必要な場合や銀行の融資に断られた場合などの資金調達法がとしてご活用ください。

 

介護報酬専門のファクタリング会社が安い

ファクタリングは会社によって2社間取引が得意な会社、税金を滞納してたり、ブラックリスト入りしてる会社など、ややトラブルを抱えてる会社との取り引きが得意なファクタリング会社など、会社によって特色があります。

 

介護報酬をはじめとした診療報酬でのファクタリングも同じく、診療報酬専門のファクタリング会社の方が手数料が安い傾向にあり、申請などもスムーズなのでおススメです。
一方下手な会社だと健保などへの申請も遅く、資金の調達まで時間がかかってしまうことがあります。

 

介護報酬ファクタリングはこんな場合におすすめです

・急な資金が必要になった
・同業の老人ホームが近隣に増えなかなか入居者が増えない
・従業員が辞めてしまい求人広告をすぐに出さないといけない!
という場合など介護の経営者の方によくあるトラブルにも介護報酬ファクタリングは最適と言えます。

 

銀行の融資とまた違った特徴があり、状況に併せて使い分けるとうまくキャッシュフローの改善ができるのでおすすめです。

 

ちなみに介護ファクタリングの場合はほとんどの会社が資金使途は問わないので介護以外のビジネス拡大などにも介護報酬ファクタリングは利用できます。

 

年々ファクタリングの需要は伸びており、今後もファクタリングを活用したビジネスが増えるのは間違いありません。

 

介護報酬ファクタリングはうまく使うことでビジネス拡大や少ない手数料で資金調達ができる方法です。

 

あなたの持つ介護報酬債権という「優良な資産」を活用し、資金繰りなどを強化し、様々なビジネスに役立てて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ